PdMetrics® 予測保全システム

2015年までに販売した真空炉TITANシリーズへの
PdMetric追加取付工事受付を開始致しました。
詳しくはIpsenの担当者まで。
  
PdMetrics®とは

- PdMetrics®は炉体制御から独立したスタンドアローンシステムです

  (炉体側PLCとは接続されていません)

- 40近いセンサーを使用し、設備状況をリアルタイムで監視

- Ipsenが長年蓄積した経験に基づくアルゴリズムにより炉の状況を可視化

- 不具合とその原因を分析

- IoT技術を熱処理炉に採用

 

 PdMetrics®があれば

- 炉体の不具合を事前に予測することが可能

- 突発トラブルによる設備停止時間の削減

- インターネット接続により炉体情報をリアルタイムに何処からでも確認することが可能

    

例えば、、

- 炉体の排気能力の分析

- リークアップレートと比較した真空度の傾向分析

- ベアリングの破損などを予期するためのモーターの振動計測

- 処理不具合や均熱性の低下傾向を予測するために加熱室内を計測

- 炉体回りの環境データの計測(温度・湿度など)